凍菜協とは

凍菜協の目的

2002年に中国からの輸入冷凍ホウレンソウのクロルピリホス等の残留農薬が社会的に問題となり、一時輸入がストップするという事態が起こりました。そのなかで、それぞれの企業は勿論のこと、やはり業界としても食の安全・安心を確保していく必要があると考え、本協議会を立ち上げました。

凍菜協の目的
  • 輸入冷凍野菜の品質及び安全性の確保ならびに、会員相互の連携、親睦を図ること。
  • これをもって業界の発展及び国民生活の安定に寄与すること。

事務局・会員企業

名称 輸入冷凍野菜品質安全協議会
略称:凍菜協(とうさいきょう)
Association for Quality and Safety of Imported
Frozen Vegetables
設立 2004年5月
会長 川﨑順司 会長のごあいさつ
会員 19社 会員リスト
事務局 (一財)日本食品検査 内
〒143 - 0006
東京都大田区平和島4-1-23 JSプログレビル3階
事務局長:岡本繁臣
TEL : 03-6436-8771
FAX : 03-3765-1680
メール : s_okamoto@jffic.or.jp
URL : http://www.jffic.or.jp

本協議会へのアクセス